【アニメ】ゴブリンスレイヤー|今後の展開が読めない!だから面白い!

スポンサーリンク




こんにちは

やぎっちです。

 

とても面白いんだけどかなりダークで今後の展開がまったく分からないアニメに出合いました。その名も「ゴブリンスレイヤー」。

今まで様々なアニメを見てきましたが、その中でも相当上位のダークファンタジーです。暴力的な描写や性的な描写が苦手な方には、すこし刺激が強いかもしれませんが、それがゴールデンタイムで放送されていない「ゴブリンスレイヤー」の面白さであり、大きな強みだと思います。

原作はウェブ小説およびライトノベルで、アニメは2018年10月より放送されており、Netfrixでも放送直後に追っかけて配信されております。

 

Twitterでもちらほら話題となっていますね。

それだけ反響のあるアニメだという事が分かりますね。

さて、そんなゴブリンスレイヤーの魅力やアニメ第1話のあらすじなどを紹介していきたいと思います!




ゴブリンスレイヤーとは

一般に最下級モンスターと知られるゴブリンのみを狩る青年を主人公とした作品である。

元は2014年からいわゆる「やる夫スレ」で公開されていたAA作品だったものを同作者が小説に書き起こして投稿し、2016年にGA文庫より一般書籍として刊行された。初刊の刊行前にコミカライズが決まっており、黒瀬浩介によって『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス)にて、2016年6月号から連載中。また、同じWEB発の『まおゆう魔王勇者』に見られるように、登場人物には固有名が登場せず、すべて肩書で描写される。ただし受付嬢などが役職で呼ばれる時を除き、登場人物の名前として扱われることはない。これは作中の登場人物はTRPGのキャラクターであるから、読者が好きに名前を考えてくれれば良いという考えに基づく。

初刊は発売数日で重版が決まるほどの人気を博し、『このライトノベルがすごい!2017』の2016年度集計では、新作部門で1位(全体では5位)を獲得した。シリーズの累計発行部数は200万部を超える。

2017年2月に、外伝『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』の刊行とコミカライズが発表された。コミカライズが小説に先行して『ヤングガンガン』2017年19号(9月15日発売)より連載開始し、小説は『ガンガンONLINE』内の『ガンガンGA』で連載された。2018年5月から、原作第4巻のコミカライズが『ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ』のタイトルで『月刊ビッグガンガン』で連載されている。

2018年2月18日に幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバルにてTVアニメ化が発表された。(引用:wikipedia

主人公は新米冒険者

最初に登場したのは女神官の新米冒険者の女の子。受付で冒険者としての説明を受けた直後に、とあるパーティーから一緒にゴブリン狩りに誘われるところから始まる。

新米だらけのパーティーの為、心配だからと一度町に戻って装備を整えたりした方が良いと進言するも、それを却下されてしまう。

パーティー全滅

ゴブリンなんて下級モンスターだからと舐めて討伐に挑んだパーティー。しかしゴブリン達の狡猾でずる賢い罠にハマり、一人また一人とパーティーは壊滅の道をたどってしまいます。

さらに武闘家の女の子は複数のゴブリンに服を剥ぎ取られ慰み者になってしまうという、アニメとはいえなかなかハードな展開。

 

まだかろうじて生きていたパーティーの一人を連れて、出口の方へ逃げたがゴブリンに追いつかれ一緒に逃げていた仲間が目の前で襲われてしまう。女武闘家と同じように服を剥ぎ取るゴブリンを目の前にして、女神官は恐怖に襲われてしまう。

あまりの恐怖に失禁してしまう主人公の女神官。その臭いに反応して嬉しそうにはしゃぐゴブリンがまた、不快感を与えてくれるあたりが、本当にダークファンタジーっぽいです。

ゴブリンを狩り続ける謎の男

その時、暗闇の中からゴブリンを知り尽くした謎の男が登場する。そして2匹のゴブリンを瞬殺。その男こそゴブリンを狩り続ける男「ゴブリンスレイヤー」

2匹のゴブリンを瞬殺したゴブリンスレイヤーは、さらに奥に進み、ゴブリンを狩り続ける。シャーマンと言われる上位種やゴブリンの子供までも徹底的に狩りつくす。ゴブリンが生きている意味は無いと、まるでゴブリンに恨みでもあるかのように一切の慈悲も無く狩りつくすその姿は、全滅させられたパーティーの仇を取っているようで見ていてスッキリしました。

 

そしてゴブリンの住処から帰還した主人公の女の子は、ゴブリンスレイヤーとパーティーを組んでこれからも冒険を続けていくのでした。

スポンサーリンク



あとがき

なかなかハードな描写がとても印象的な「ゴブリンスレイヤー」。ダークファンタジーというジャンルの通り、惨殺されていくパーティーのメンバー。ゴブリンの慰み者になってしまう若い女の子。ゴブリンスレイヤーの得体の知れない雰囲気。などなど非常に面白いです。

とはいえ、まだ1話が終わり、ゴブリンスレイヤーの正体も何も分からない状態です。1話ではただひたすらゴブリンを狩っていただけなので。

今後もただひたすらゴブリンを狩り続けるだけだと視聴者は飽きてしまうので、今後どのような展開で物語が進んで行くかが非常に楽しみな作品ですね!

引き続き「ゴブリンスレイヤー」を楽しんで観たいと思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

やぎっち

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です