【アニメ】ソードアート・オンライン|主人公が強い系のアニメは間違いない

スポンサーリンク




こんにちは

やぎっちです!

 

ちょっと古い作品ではあるものの、名前だけ知っていて見てませんでした!

というのも当初はあんまり面白くなさそうだな~。と思っていたのですが、実際に見てみたら結構面白いではないですか!

という事で、自分的に何がハマったのか、ちょっと残念だったな、といった点をレビューしていこうと思います!




ソードアート・オンラインとは?

『ソードアート・オンライン』(Sword Art Online)は、川原礫によるライトノベル、およびオンライン小説。イラストはabecが担当している。公式略称は「SAO」。(Wiki引用

もともとは小説が原作です。そこから、アニメやゲームなど様々な展開をしている作品となっております。

ソードアート・オンラインでは、メインの作品として『ソードアート・オンライン』と『ソードアート・オンラインⅡ』があり、それの派生として何作品かが他にもあります。

あらすじ

西暦2022年、1000人のユーザーによるベータテストを経て、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)の正式サービスが開始され、約10000人のユーザーは完全なる仮想空間を謳歌していた。しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才量子物理学者の茅場晶彦がプレイヤー達の前に現れ、SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法であること、そしてこの世界で死亡した場合は、現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを宣言した。プレイヤーの一人である少年キリトはこの絶望的なデスゲームで生き残るべく、戦う決意をしてはじまりの街から旅立ってゆく。 しかし、後にSAO事件と称されることになるこの狂気のデスゲームは、仮想世界をめぐる様々な事件の幕開けにすぎなかった。(『ソードアート・オンライン』)

主人公が強い

ソードアート・オンラインでは主人公がベータテスト参加者という事もあり、圧倒的に強いです。

そして、その強さがこのアニメを面白くしている要因でもあります。主人公が強いアニメ(北斗の拳や刃牙など)は敵キャラが舐めてかかってくるのを瞬殺して相手を驚かす、という決まった流れがありますがそれが良い!!

敵キャラを圧倒する流れが本当に痛快で爽快で、観ていてストレス発散になります。

 

主人公が弱いけど、実は秘めたる実力を持っている系アニメ(弱虫ペダルやハイキューなど)も筆者は好きなのですが、やっぱり主人公が強いとスッキリ感が大きいですね!

敵キャラが結構クズ

ソードアート・オンライン、ソードアート・オンライン2ともに、敵キャラが結構のクズです。見ていていイライラします。

が、しかし。それが非常にアニメを面白くしてくれています!

敵キャラがクズになればなるほど、その敵を倒した時の満足感(?)が大きくなります。

 

『ソードアート・オンライン』『ソードアート・オンライン2』ともにこのクズな敵キャラがとてつもなく変態のため、キリト(主人公)が倒した時は本当にスッキリしました!

 

そんな訳で、こんな敵キャラがいる事もソードアート・オンラインを楽しくしてくれている要因の一つだと思います。

設定が面白い

『ソードアート・オンライン』『ソードアート・オンライン2』では、それぞれの作品で若干設定が異なるのですが、両方ともゲームの世界に主人公が入り込んで冒険や闘いをするといった設定になっております。

以前コチラの記事でもお伝えしましたが、

ダンジョンぽさを忠実に実現している事も面白い要因の一つとなっています!

 

ゲームの世界に入り込んで戦いをするという非日常的な感覚が、自分のようなゲーマーには非常にハマっているんだと思います!なのでゲームとアニメが好きな人は絶対にハマれる作品なので是非観て欲しいです。

1が圧倒的に面白すぎて、、

ここはちょっと残念ポイントなんですが、圧倒的に『ソードアート・オンライン1』が面白すぎるんです。

よくある事だと思いますが、1を2が越えられないんです。ソードアート・オンラインも漏れる事無くそれに該当しているようで、2はどことなく物足りないまま終わってしまったのが事実ではあります。

おそらく1ではゲーム内で死んだら本当に死んでしまうという設定が戦いにスリルを与え、緊張と興奮を感じられたんだと思います。

 

とはいえ、2も面白い事に変わりは無く、朝田さんが過去のトラウマを克服するシーンは涙無しでは見られないくらい感動する名シーンです。

それぞれが違った良さを持つのもこの作品の魅力なんでしょうね。

ソードアート・オンラインのゲーム

もともとの原作は小説ではあるものの、ゲームでも多数展開しております!

■スマホゲーム

【ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ】

ジャンル:大切な想い出を重ねるアクションRPG
対応機種:iOS/Android
価格:基本無料(一部アイテム課金制)

【ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター】

ジャンル:オンラインRPG
対応機種:iOS/Android
価格:基本無料(一部アイテム課金制)

■コンシューマー

【ソードアート・オンライン フェイタル・バレット】

ジャンル:TPSRPG
対応機種:PlayStation®4/Xbox One/STEAM®

【アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏】

ジャンル:アクションRPG
対応機種:PlayStation®4 / PlayStation®Vita

【ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション】

ジャンル:RPG
対応機種:PlayStation®4 / PlayStation®Vita

スポンサーリンク



あとがき

今回はソードアート・オンラインをご紹介させて頂きました。

小説から様々なジャンルに展開している今作ですが、現在でもまだアニメの制作が続いております。少し古いアニメではあるものの、まだまだこれからも盛り上がっていく事を考えれば、今からでもソードアート・オンラインを観始めるのは遅くはないんじゃないでしょうか?

筆者も最初は面白くなさそうと勝手に遠ざけてしまっていたので、同じように思って観るのを後回しにしている方は是非この機会に鑑賞してみてください。必ずどまりする事間違いなしです!!

それでは今回はこの辺で。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

やぎっち

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です