【PS4】仁王2が発売決定!という事で、今更仁王を買ったのでレビューします

スポンサーリンク




こんにちは。

やぎっちです。

 

以前コチラの記事

でもご紹介させて頂きましたが、仁王2の発売が決定しました!

 

2が出るなら1やらないと。という事で今更ながら仁王を買って全クリしたのでレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク



仁王とはどんなゲームか?

概要
発売日:2017年2月9日
ハード:PS4
ジャンル:ダーク戦国アクションRPG(戦国死にゲー)
公式サイト:https://www.gamecity.ne.jp/nioh/index.html 

2017年2月にコーエーテクモゲームスより発売されたアクションRPGです。

コーエーテクモと言えば無双シリーズが超有名ですが、仁王は真逆の作品に仕上がっています。

戦国死にゲーに名にふさわしく、とにかく死にます。死んで死んで死んで死にます。道中の雑魚敵でさえ油断したら2,3回切られて死にます。

それくらい難易度の高いゲーム内容になっているのが、この仁王の特徴です。

 

仁王に似たゲームでダークソウルシリーズがあります。こちらも死にゲーとして一般では認知されています。自分はどちらもやった事があるのですが、正直仁王の方が簡単な印象を受けました。(たぶんボスが大きく無いから、、)

良かった点

強いボスを倒した時の達成感

やはり死にゲーの一番の醍醐味は達成感ではないでしょうか。

難しいステージをクリアした時、強いボスを倒した時、難しさの先にある達成感を手に入れるために死にゲーをしていると言っても過言ではないと思います。

何回も何回も死んで、敵の癖を見極めてギリギリの戦いをしながらもぎ取った勝利は、毎度の事ながら非常に達成感と満足感、やり切った感を味わえて最高の気分でした(笑)

これが死にゲーの中毒性で止められないポイントですね。

構えの変更が出来る

構えが下段・中段・上段、でシームレスに変更でき、さらにそれぞれの構えで特徴がわかれており差別化出来ていたので非常に良いと思いました。

素早い敵には下段でスピード勝負を、遅い敵には上段で一撃に威力を乗せる、など

この構え変更がスムーズに出来る事によって戦略の幅が広がるのはやっていてとても楽しかったです。

 

さらに武器が刀の時には、納刀状態から居合切りが出来るので、これがまた中二病患者にはたまらなく気持ちいい!

持病の中二病がうずきます。

守護霊の必殺技がある

仁王では守護霊を装備する事で、様々な恩恵を受ける事が出来ます。

守護霊の種類も結構たくさんあり、バラエティーに富んでいます。(ちなみに自分は朱雀を愛用していました。)

その守護霊ですが、ゲージがMAXにたまると九十九武器(つくもぶき)といわれるものが使用可能になり、一時的に主人公がめちゃくちゃ強くなるのですが、九十九武器を使用中にさらに守護霊の必殺技を使用する事が出来ます!

これがまたかっこいい!

守護霊によってこのパターンも様々なのでいろんな守護霊を使ってみたくなる良いシステムだと思います。

悪かった点

ストーリーが薄い

このストーリーいる?ってくらい全体的に薄かった。

ってかそもそも和風死にゲーなのに主人公が外国人って時点で意味不明でした。

ぶっちゃけこのストーリーなら無くてもいいかな、、、ってプレイしながら何度も思いました(笑)

スキルがほとんど無意味

スキルポイントを貯めて、武器種毎にスキルを開放する事が出来るのですが、使えるスキルが1つくらいしかなく正直スキルの価値が見いだせなかったです。

自分はスキルで実際に使っていたのは1つだけです。それでクリア出来てしまうのだから、このスキルシステムがどれだけお飾りで実装されているかを実感しました。

暗くて分かりずらい

和風死にゲーとうたっているくらいだからある程度は仕方ないのですが、全体的に暗い!分かりずらい!

ステージ探索はほぼ意味無い

上の暗くて分かりずらいに少し関連するのですが、暗くて分かりずらい中を探索する事で、めっちゃ強い武器やレア武器が手に入るならまだいろいろと納得できます。

が、しかし!

ステージを探索しても強い武器やレア武器なんて全くありません。

強い武器に関してはサブミッションやその辺で死亡したNPCからドロップした武器の方がはるかに良いです。

探索に意味を持たせないのであれば、ステージはもっと分かりやすくしてほしい。

死にゲーでの一番の楽しみはボス戦なんだから!!

仁王2

先日トレーラーが発表されたばかりなのでまだ発売は先だと思われます。(来年の夏頃かな?)

現在分かっているのが、どうやら主人公が鬼化できる!?ってことくらいでしょうか。

続報を乞うご期待下さい!

スポンサーリンク



まとめ

全体的に嫌いではないです。

ただ、もう少し違えばもっと楽しいのになあ~。と思う部分がところどころあっただけに非常にもったいない!

仁王2のトレーラーを見る限りでは、主人公は日本人なのでかなりの期待を持っています!!

 

やっぱり和風死にゲーの主人公は日本人じゃないと!

日本人のチャンバラこそ日本が世界に誇れる部分じゃないでしょうか!?

 

これぞ侍!This is SAMURAI!を仁王2では見せて欲しいです!

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

やぎっち

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です