【PS4】デビルメイクライ5の体験版がリリースされたのでやってみた感想をレビュー

スポンサーリンク




こんにちは

やぎっちです!

 

2月7日にデビルメイクライ5の体験版が配信されました。

製品版の発売1ヶ月前に配信された訳ですが、さっそくプレイしてみたのでその様子をレビューしたいと思います。




なんといってまずは前作より圧倒的にグレードアップした映像美が目を引きます。

こちらはタイトル画面のネロですが、前作に比べ圧倒的に映像が綺麗になってるのが分かります。

もちろんゲームの内容も映像美に負けない面白さ。

死にゲーと無双ゲームの中間のような程よい難易度。スタイリッシュアクションだけあって、雑魚敵を爽快に倒すアクションはもちろんの事、ボス戦では死にゲーのように相手の動きを見切りつつ攻撃する必要がある。

 

ネロは今まで同様、剣・銃に加え、前作ではデビルブリンガーと呼ばれる悪魔の手を使っていましたが、今作はデビルブレイカーと言われる義手を使用している。なぜ義手になったのかはPVの中でヒントになるようにシーンが出てましたね。これはストーリーに注目です。

空間が歪むほどの剣速。これによってスタイリッシュ感がより感じられる。

遠距離からの銃アクションもコンボと上手く繋げよう。

前作のデビルブリンガーの役割は全てデビルブレイカーで代用できる!

 

デビルメイクライ5で初めて実装されたデビルブレイカーには複数の種類があり、それぞれで違う技を繰り出せたりと特徴が異なる。

またデビルブレイカーは消耗品となっており、使ったら壊れてしまったり、相手の攻撃を受けすぎると壊れてしまったりと、何かと壊れる事が多い。その為4個までストックしてデビルブレイカーを所持する事が可能。

ショップでの購入やステージの途中で落ちているので、なるべくストックを切らさないように注意しよう!

画面中央で浮いているのがデビルブレイカー

 

ステージの途中には様々なところに赤い電話BOXが設置されており、そこからトレーラーを呼ぶことで出来る。トレーラーではレッドオーブを消費して技のカスタマイズやデビルブレイカーの購入が可能。

 

体験版では序盤の中ボス的な奴を倒したらゲーム終了となる。

スタイリッシュアクションでサクサク進むかと思いきや、ボス戦はそう簡単にクリア出来ないのがデビルメイクライの良いところ。油断してたら普通に負ける!

体験版ではネロのみの使用となってますが、製品版ではプレイアブルキャラクターは3人が判明している。やはり往年のファンとしては、早くダンテを使いたいですね!他にも3体の魔物を操るVといったユニークなキャラクターもいるので今からとても楽しみです。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です