【PS4】キングダムハーツ3|プレイレポート①_懐かしさと新しさと、待ちになったこの瞬間

スポンサーリンク




こんにちは

やぎっちです

 

先日、ついに発売されましたキングダムハーツ3

待ちに待ったこのゲーム。まずは思い出と過去に浸りながら公式サイトで3に繋がるエピソードを閲覧したあとにやっとプレイ開始!

過去の懐かしさと現代の最新技術が見事に合わさった最高傑作であることは間違いないです。

ここでは、数回に分けてキングダムハーツ3のプレイレポートをしていこうと思います。




まずはじめに、コンシューマーゲームでストーリーにここまでハマった作品はほとんどありません。キングダムハーツのストーリーは毎回泣かされるし、驚かされるし、細かい伏線が張り巡らされていて、よく作り込まれいている。

もちろんキングダムハーツ3もそうであると思う。オープニングをちゃんと全部見たゲームなんて本当に久しぶり。

 

プレイする前からワクワクが止まらくなくて、顔がずっとにやけてしまう始末。ここまで期待に胸を膨らませたタイトルは無い。

残念ながらオープニングテーマとムービーは録画禁止区間でスクショ撮れませんでした。このオープニングで一気にキングダムハーツ感というか高揚感というか、自分が高校生の時にプレイしていたあの感覚が蘇りました。

物語は、過去の記憶が散りばめられた謎の空間から始まる。

 

最初に3つの求める事を聞かれます

・ふしぎな力

・体力

・均衡

自分は体力を選びました。

 

次に3つの学びたい事を聞かれます

・守り抜く力

・攻め込む力

・ふしぎな力

こちらでは攻め込む力を選択。

なんとなく脳筋仕様のソラが完成しそうな予感w

これによって何が変わるかは分かりませんが、たぶん今後のステータスの上がりやすさとかに影響があるんでしょう。

次に戦闘のチュートリアル。

まあ、キングダムハーツシリーズ経験者なら分かると思いますが、操作はかなりシンプル。数十分プレイしていれば大体覚えるので、アクションが苦手な人でも問題なく楽しめます。

また最初に難易度を選択できるので、自信が無い人は一番簡単な設定にしてもいいですね。ストーリーをじっくり楽しみたい人も同様に難易度を下げてもいいかもしれません。

簡単なチュートリアルが終わると、ストーリーパートへと移行。

おなじみのグーフィーとドナルド。

もうこの3ショットが懐かしすぎて、すでに泣きそうになってます。実に10年の歳月がたって、当時高校生だった自分も今やアラサー。

それだけ時間が流れているのに、ここまで愛せるゲームがあるって本当に素晴らしい事だなと。

そんなこんなで最初のストーリーパートを抜けると、一番最初のワールドはこれまた馴染み深いオリンポス。

オリンポスでは最初から町が荒れ果ててます。

今回もまた性懲りもなくハデスが悪い事を企んでいるので、それを阻止する事に。

ストーリーを進めていくと、XⅢ機関きたー!

「○○ってハナシ。」の口癖で特徴的なシグバールさん。

 

オリンポスの最初の方はチュートリアル的な要素が多いためサクサク進みます。

まあ、最初のワールドだしな思いながらステージを進めていくとそこには神々しく輝く天界が。

グラフィックが素晴らしい。

オリンポスの最後には強大な敵との闘いも。

氷のやつとマグマのやつはそこまで強くなかったでけど、奥にいる竜巻のやつが地味に強くてめっちゃ苦戦しました。最近はバスケのゲームばかりやってたからちょっとアクションが鈍ってる気がする。

リクと大様も懐かしい。今作ではリクもプレイアブルキャラクターとの情報も入ってきてますね。楽しみで仕方ない!

 

そんなこんなで一旦オリンポスをクリアしたらチュートリアル終了って感じです。

一旦イェン・シッドの元に戻って、闇を払う衣をゲットしたり、ジミニーを仲間に加えてたりして、やっとここから本格的な冒険の始まりです。

スポンサーリンク



序盤からもちろんグミシップも登場

グミシップ空間を漂っているハートレスシップ(と名付けておこう)と接触するとシューティングゲームのようなモードに移行。

従来のグミシップとはまた少し変わった、新しいグミシップを楽しむ事が出来る。

 

他にもモーグリーショップなど当時プレイしていた人には懐かしい事が盛り沢山です。

もちろんキングダムハーツ3がキングダムハーツシリーズ初めての人でも、公式HPもしくはゲームタイトル画面の「MEMORY ARCHIVE」からキングダムハーツ3に繋がる物語を見る事が出来るので、問題なくのめり込む事が出来る。

やはり前回ナンバリングタイトルからかなりの期間が経っているので、開発側もその辺は考慮したんだと思う。なので迷っている人にもキングダムハーツ3は間違いなくおススメです。

 

引き続きプレイレポートをしてくのでご覧ください~。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

やぎっち

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です