【黒い砂漠モバイル】MMORPGに初めてドハマりしたのでレビューします!

スポンサーリンク




こんにちは

やぎっちです。

 

今回は黒い砂漠モバイルについてレビューしたいと思います。

黒い砂漠モバイルとは2014年にリリースされたPC版黒い砂漠をモバイル版に移植したゲームです。

PC版でも出た当初から圧倒的なまでのグラフィックで注目を集めており、ゲーム内容も面白いため非常に人気が出ました。

自分自身、MMORPGというジャンルに興味はあったものの今回の黒い砂漠モバイルが初めてハマった作品です。そんな黒い砂漠モバイルの何がここまでハマる要因だったのか、ご紹介いたします。




繊細なキャラメイク

テレビCMでも芸能人が自分の顔に似せてキャラメイクをするなど、非常に繊細なキャラメイクが出来る事が黒い砂漠モバイルの特徴です。

かなり詳細に顔の各パーツをいじる事が可能で、本当に本気を出せば誰でも自分の顔に近い顔を再現する事が可能です。今まで様々なゲームをしてきましたが、ここまでキャラメイク出来るゲームに出合ったのは初めてです。コンシューマーゲーム含めてこのキャラメイクのクオリティはずば抜けています。

 

また、キャラメイクに力を入れているだけあって、グラフィックがとても綺麗。モバイルクラスを超越した実写に違いグラフィックはとてもハイレベルでゲームに引き込まれます。

MMORPGならではの豊富なコンテンツ

黒い砂漠モバイルでは、釣りや動物の捕獲、領地システムなど様々な生活コンテンツがあります。

領地システム

黒い砂漠モバイルではそれぞれで領地を持つ事が出来ます。領地では労働者を雇用し、作物の収穫や素材の採取、装備の作成など様々な事を行う事が可能です。自分だけの領地を他の人に訪問してもらう事も出来ますし、逆に誰かの領地に行く事も出来ます。

ワールドボス

毎日決まった時間に特定の場所にワールドボスが現れます。最大25人のプレイヤーとランダムにマッチングし、ワールドボスとの戦闘を楽しむ事が出来ます。このワールドボス攻略に成功すると、一定の確率で限定の装備をドロップします。

闘技場

闘技場では他のプレイヤーと1体1で対戦する事が可能です。また、対戦に勝利すると宝箱がもらえ、様々なアイテムを入手する事が可能です。他にもフレンドと対戦する親善試合やラモー戦場(3/10時点未実装)などほかのモードも楽しむ事が出来ます。

ギルド

ギルドではギルド専用の依頼やギルド攻城戦、ギルド戦争などギルド間での大規模な戦闘を楽しむ事が可能です。

やはりMMORPGといえばギルドですよね。いろんな人との交流も出来るため、より一層黒い砂漠モバイルを楽しむ事が出来ます!

闇の精霊モードが便利すぎ!!

黒い砂漠モバイルには闇の精霊モードというものが存在します。

一緒に冒険してくれる闇の精霊をレベル40にすると解放されるモードです。

通常のオート戦闘とは異なり、アプリを閉じていても自動で戦闘や採取、釣りなどのアクションを行ってくれるモードです。そのため、闇の精霊モードを起動すると黒い砂漠モバイルのアプリを開きっぱなしにする必要がなくなるのです。

学校や会社に行っている間でも代わりにプレイしてくれるのでとても嬉しい機能です。

上述しましたが、闇の精霊モードでできることは以下の3つです。

・自動狩り
・自動採集
・自動釣り

一度の起動で3時間効果が持続しますが、課金アイテムである闇の精霊Plusを購入すると6時間効果が持続します。

また闇の精霊モード中はバックの容量に気を付けなくてはいけません。1度闇の精霊モードを行って放置しておくと、必ずバックの中身がいっぱいになってしまうので、近くの村でドロップアイテムなどを売るようにしましょう。そうする事でシルバーをゲット出来るのと共にバックの容量を空ける事が出来ます。

また上に書いた闇の精霊Plusを購入する事で、時間の延長と一緒にバックの容量も800LT増加するので便利です。

スポンサーリンク



あとがき

自由度が高くいろんな人との交流や戦闘が楽しめる黒い砂漠モバイル。

多機能で様々な楽しみ要素がある一方で、操作性はとてもシンプルな為、MMORPG初心者でも気兼ねなく楽しむ事が可能です。自分自身MMORPGは初心者の部類ですが、気付いたらそこそこ強くなっています。また、課金要素があるものの、課金をしなくても強いアイテムが手に入るので良心的。

今までMMORPGをやった事がない方にこそ、黒い砂漠モバイルはやってもらいたい。そんなゲームです。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です